離婚の手続き
離婚の手続き

離婚の手続き

離婚したいけど何から始めればいいの?という相談をよく受けます。

離婚すると決めたら、次に夫婦で話し合うべき内容は次の通りです。

1.(未成年の子がいる場合)親権者をどちらにするか

2.養育費の額や期間

3.結婚している間の預金や不動産をどのように分け合うか(財産分与)

4.(不貞などがある場合)慰謝料

5.年金分割

以上の内容について、夫婦で話し合って決められればいいのですが、相手が話し合いに応じてくれなかったり、子どもの前で言い争いになるのを避けたいなどの事情で実際にはなかなか話し合えないことも多いようです。

そのようなとき、両者の親族を交えて話し合いをする方もいらっしゃいますが、相手の親族から非難されたりすることでかえって感情的な対立が深刻化してしまい、話し合いができなくなってしまうこともあるようです。

また、早く離婚したいあまり、養育費や財産分与について何も話し合いをしないまま、とりあえず離婚届だけ出してしまったというケースも多々見られますが、養育費は過去にさかのぼって請求することは難しく、財産分与は離婚後2年が経過すると時効消滅して請求できなくなってしまうため、早急に請求をする必要があります。

他にも、養育費を支払うと約束したのに、書面を作っていなかったために請求できなかったり、著しく低い金額で合意させられてしまった、というケースもあります。

離婚すると決めたら、まずは弁護士に相談することが大切です。

当事務所では、離婚事件の経験豊富な弁護士が、相談者様の事情を詳しくお伺いしたうえで、最適な方針を考え、納得していただけるまで丁寧に説明いたします。

初回相談は無料で、時間制限もありませんので、ぜひお気軽にご相談ください。