不貞の証拠
不貞の証拠

不貞の証拠

不貞行為とは

不貞行為とは、配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶことをいいます(最高裁昭和48年11月15日判決)。

したがって、男女二人で食事に行ったり、街中でデートしていたとしても、それだけでは不貞行為とは認められません。

不貞行為の証拠

上記のとおり、不貞行為とは性的関係を結ぶことですから、性行為中の写真や動画があれば直接の証拠となりますが、そのような証拠を入手できることは極めてまれですから、通常は客観的な状況証拠から性的関係を推認することになります。このような状況証拠として、まずはホテルや相手の家に出入りする際の写真が考えられます。ホテルに二人で宿泊した場合や、相手の家に宿泊した場合は、通常はそこで性的関係があったと推認できるからです。

ほかにも、二人で宿泊を伴う旅行をしたことを示す領収書や写真なども、不貞行為を推認させる証拠となります。

最近では、ラインのトーク履歴を証拠とすることも増えてきました。性的関係を強く推測させるやりとりがあれば、不貞行為の証拠となることもありますが、その判断は難しいため、専門家に相談したほうがよいでしょう。

証拠の集め方

旅行やホテルの領収書などは、発見した際の状況を写真に収めておくとよいでしょう。

ラインのトーク履歴などは、写真を撮る場合は、前後のつながりがわかるように1行分重複させながら撮影するのがポイントです。動画に収める場合も、後で静止画にすることを考えて、連続でスクロールせず、数秒停止しながらスクロールさせましょう。

ホテルの出入りの写真を撮るときは、言い逃れされないように、顔がしっかりと写っていなければなりません。顔を鮮明に撮ることが難しい場合は、髪型や服装や靴やカバンなどを撮影しておき、後日、相手がそれらの服装や持ち物を持っている状態で顔を撮影できれば、本人であると推認する証拠になります。

相手の家に出入りしている場合は、時間帯にも注意が必要です。昼間に1~2時間しか滞在していないような場合は、ただ食事していただけとか、仕事の話をしていただけであると言い逃れされるおそれがあります。このような言い逃れをさせないために、1回だけでなく、複数回の写真を撮る必要があります。

写真を撮るときは角度や明るさなどいろいろと工夫しなければなりませんし、場所によっては不法侵入となってしまうリスクもあります。また、相手に見つかってしまっては元も子もありません。怪しいと感じたら、調査機関に依頼するのが無難でしょう。


怪しいけれど決定的な証拠がない、という場合でも、当事務所にご相談いただければ、追加でどのような証拠を集めればいいのかなど、事案に応じて適切なアドバイスをさせていただきます。実際、当事務所の相談後に証拠が取れ、慰謝料請求や離婚を有利に進められた、という事案も多々あります。

初回相談は無料で、時間制限もありませんので、ぜひお気軽にご相談ください。